トップ ●作業着手連絡システム ●入力受付システム

入力受付システム:必要事項の記入


  • (必須)は必ず入力してください。(必須)以外は、わかる範囲で入力してください。
  • 「入力者データ」、「著者データ」では、まず「ID一覧インデックス」の工作員ID一覧、人物ID一覧を参照して、IDを入力してください。IDが記入できれば、(必須)を含む、「入力者データ」、「著者データ」のその他の項目は必要はありません。IDが確認できない場合に限り、各項目欄に記入してください。
  • 「底本データ」「作品データ」は、必ず記入してください。
  • 「著者データ」「作品データ」のとりかたを、「青空文庫における書誌データのとりかた」で、詳しく説明しています。
  • 「備考」「作品について」は、2000文字(原稿用紙5枚分)以内で記入してください。全角/半角とも、1文字として計算します。「記入事項の確認」画面で末尾が切れている場合は、2000文字以内に書き直すか、reception@aozora.gr.jpにメールで送ってください。
  • 入力が終わったら、一番下の「確認」ボタンを押してください。「記入事項の確認」画面が現れます。誤りが無いことを確認してから、「登録」ボタンを押してください。
  • 中止する場合は、「確認」ボタンを押さずにブラウザを閉じてください。


入力者データ

  • まず「工作員ID一覧」を参照して、IDを入力してください。
  • IDが入力されていれば、(必須)の項目も含めて、その他の項目の記入は必要ありません。
  • 工作員IDのない人は、「入力者データ」に、お名前とメールアドレスを書き込んでください。仮名、ハンドルネームでもかまいません。

項目名 入力データ 入力例
工作員ID 123
※工作員IDは、「工作員ID一覧」を参照してください。
IDを入力できれば、その他の項目を記入する必要はありません。
工作員名読み(必須) あおぞらたろう
工作員名(必須) 青空太郎
e-mail(必須) reception@aozora.gr.jp
ホームページ http://www.aozora.gr.jp

著者データ

  • まず「人物ID一覧」を参照して、IDを入力してください。IDが入力されていれば、(必須)の項目も含めて、その他の項目の記入は必要ありません。IDが確認できない場合に限り、各項目に記入してください。
  • ただし、著者が複数にわたる場合、翻訳者、校訂者、編者などがある場合には、著者(著者が複数の場合は、そのうちのひとり)のみIDを入力し、2人目以降の人物のデータを、「作品データ」の「備考」欄に記入してください。
  • 人名は、新字で入力してください。(底本に旧字で記載されている場合は、表記をあらためてください。)
     【例】芥川龍之介→芥川竜之介、與謝野晶子→与謝野晶子、國木田獨歩→国木田独歩
  • 読みがわからない場合は、「?」と入力してください。

項目名 入力データ 入力例
人物ID 879
※人物IDは、「人物ID一覧」を参照してください。
IDが確認できない場合のみ、その他の項目を入力してください。
姓読み(必須) あくたがわ
(必須) 芥川
※新字で入力してください。
名読み りゅうのすけ
竜之介
※新字で入力してください。
備考 ※著者が外国人で、原綴りがわかる場合、ここに記入してください。原綴りのアクセント記号は省略してください。
生没年月日がわかる場合は、ここに記入してください。

底本データ

  • 「底本の親本」とは、底本(入力時に参照する本)の元になった本です。巻末などに記載されていることがあります。
  • 「初版発行年」「入力に使用する版」などの数字はすべて、1バイト(半角)のアラビア数字で入れてください。
    西暦と元号の相関は、「西暦(和暦)年の記述」を参照してください。
  • 「初版発行年」には、年月日のみ記入します。「初版」「第1刷」などは外してください。
  • 「入力に使用する版」には、底本の記載どおりに記入します。「第○刷」「初版」なども、底本どおりに記入してください。

項目名 入力データ 入力例
底本名(必須) 芥川龍之介全集2
※底本の表記通り入力してください。旧字旧仮名も、そのまま記入します。
出版社名(必須) ちくま文庫、筑摩書房
※文庫や新書の場合は、「、」で区切って記入してください。
初版発行年(必須) 1986(昭和61)年10月28日
※数字はすべて、1バイト(半角)のアラビア数字で入れてください。
西暦と元号の相関は、「西暦(和暦)年の記述」を参照してください。
改版されている場合は、「、」で区切って、「1986(昭和61)年10月28日、1996(平成8)年4月1日改版」のように記入してください。
入力に使用する版
(必須)
1996(平成8)年7月15日第11刷
※「第○刷」「初版」等の表記は、底本に従ってください。書き方に迷った場合は、底本の奥付に記載されているとおりに、「備考」欄に記入してください。
備考 ※底本および底本の親本に関し、通常の入力欄に書ききれない内容は、ここに書き込んでください。
複数の底本を使って1つの作品を入力する際は、2冊目以降の底本のデータを、ここに書き入れてください。底本の親本に関しても、複数の親本がある場合などは、この欄を使ってください。
底本の親本名 筑摩全集類聚版芥川龍之介全集
※底本の元になった本の書名です。巻末などに記載のある場合があります。
底本の親本出版社名 筑摩書房
底本の親本初版発行年 1971(昭和46)年3月~11月に刊行

作品データ

  • 作品名は、漢字は新字で、仮名は底本どおりに入力してください。(底本に旧字で記載されている場合は、表記をあらためてください。)
     【例】華嚴瀧→華厳滝、蛇くひ→蛇くひ
  • 読みは新仮名で入力してください。
     【例】蛇くひ→へびくい
  • 作品名に片仮名、外来語、アルファベットが含まれている場合、その部分の読みは片仮名で入力してください。
     【例】ラジオ雑感→ラジオざっかん、巴里より→パリより、M侯爵と写真師→エムこうしゃくとしゃしんし
  • 作品名に記号が含まれている場合、読みには記号をそのまま入力してください。
     【例】「三人姉妹」のマーシャ→「さんにんしまい」のマーシャ
  • 以下の言葉は、読みを統一します。
     【私】→【わたし】 【日本】→【にほん】
  • 読みがわからない場合は、「?」と入力してください。
  • 副題がある場合の、副題および副題読みの入力のしかたは、作品名と同じです。
  • 「作品について」に書き込まれた内容は、図書カードに表示することを検討します。著作権は書いた人に帰属しますが、これを含む青空文庫一式の複製などにあたって、そのつど著作権者の許諾を得ることは行いません。この条件を受けいれられる場合に限って、記入してください。
  • 「著作権」は、著作権が消滅した作品を「なし」、存続している作品を「あり」としてください。著者が複数にわたる場合、翻訳者、校訂者、編者などがある場合は、全員の著作権が消滅した時点で「なし」となります。
  • 一つの底本から、同じ著者の複数の作品を入力する際は、「作品データ」欄の下にある「作品データを追加する」ボタンを利用してください。「作品データ」だけを、追加することができます。いちどに登録できる作品数は、最大20作品です。

  【作品データ1】
項目名 入力データ 入力例
作品名読み(必須) くものいと
※新仮名で入力してください。
片仮名、外来語、アルファベットの読みは片仮名で入力してください。
作品名(必須) 蜘蛛の糸
※漢字は新字で、仮名は底本どおりに入力してください。
底本でふりがながついていても、ふりがなは省いてください。  
副題読み ※副題がある場合のみ。
新仮名で入力してください。
片仮名、外来語、アルファベットの読みは片仮名で入力してください。
副題 ※副題がある場合のみ。
漢字は新字で、仮名は底本どおりに入力してください。
底本でふりがながついていても、ふりがなは省いてください。
原題 ※翻訳物などの場合。
文字遣い種別 ※←ポップアップにて選択、わからない場合は「新字新仮名」にしてください。
初出 「赤い鳥」1918(大正7)年7月
※数字はすべて、1バイト(半角)のアラビア数字で入れてください。
西暦と元号の相関は、「西暦(和暦)年の記述」を参照してください。
作品について ※文学事典などの内容をそのまま記入することは、著作権を侵害する行為です。絶対に避けてください
末尾に、( )におさめて、署名をそえてください。無署名、ペンネーム、ハンドルネームでもかまいません。
「作品について」のみを送りたいときは、reception@aozora.gr.jpにメールしてください。
備考 ※他に伝えることがある場合、記入してください。
著者が複数にわたる場合、翻訳者、校訂者、編者などがある場合には、ここに2人目以降の人物のデータを記入してください。同じ底本の複数の作品で、著者、翻訳者、校訂者、編者などが共通であれば、作品データ1に記入し、「全作品に共通」と書き添えてください。
著作権(必須) あり(保護期間内)
なし(期限切れ)
※記入する当日を基準に、どちらかを選んでください。
著作権の有無は、「著作権の消滅した作家一覧」を参照して確認してください。


同じ底本、同じ著者の他の作品も入力する場合は、このボタンを押してください。



データの入力が終わったら、「確認」ボタンを押して確認画面に進んでください。